>  > 出稼ぎ専門風俗店等で働いて貧困から脱する

出稼ぎ専門風俗店等で働いて貧困から脱する

出稼ぎや風俗で働いていた、という過去は一生残ります。そのレッテルを全く気にしないのであればそれは何とも無いことなのでしょうが、少しでも気にかけてしまうのであればそれは一生付いてくるものになってしまいます。地道に生きていく方が幸せになっていく人が多い気がしますが、出稼ぎや風俗を求めている女性が多いのは私の考え方が時代遅れなのかと思ってしまいます。現代でも貧困に苦しむ女性が多く、近年では貧困女子という言葉が流行しました。この貧困女子の中にはシングルマザーや上京してきたが都内での生活意地が難しく貧困から脱する事が出来ない女性が多く、貧困から脱する為に出稼ぎ風俗店や地元の風俗店で働く女性が多いのも現代の問題なのではないでしょうか。生活保護を受給している家庭も多く、受給者のほとんどが独身または離婚経験者で高齢の女性が多いのです。貧困女子が生活改善の為に風俗店で勤務するという事は多く聞きますが、それは若い女性に限っての話です。高齢の女性が出稼ぎ専門風俗店や地元の風俗店で働けるかというと極限られたお店でしか働けない可能性が大きいです。出稼ぎに至っては更に狭き門になってしまうのは言うまでもないかもしれません。人妻系や熟女系風俗が今日でも運営されていますが、果たしてそこで安定した給与を稼げるかどうか分かりません。少なからず高齢の方よりも若年層の女性の方がニーズが多いですし、高齢ですので長時間の勤務は厳しいです。貧困を脱する為の出稼ぎや風俗店の勤務は若い内でしたら可能なのでしょうが、歳を重ねるごとに風俗に勤務することは難しくなってきます。貧困に喘ぐ高齢の女性の方に救済が出来る制度が今現在の日本には生活保護しかありません。高齢になってまでも出稼ぎや風俗で働くのは非常に生きていくには難しい社会なのかと思ってしまいます。出稼ぎや風俗に頼らずに地道に生活していくことが私は正しいと感じてしまいますが、それが出来ない方ははやり出稼ぎや風俗に頼っていくしかないのかなと思います。借金や生活苦な上京に陥る前に自分で何か出来ることが必ずあるので、貧困に陥る前に自分でしっかり管理していくのが困らない生き方なのは間違いないです。

[ 2014-11-27 ]

カテゴリ: 求人体験談

四国/高知の出稼ぎデリヘル求人情報サイト