TOP

オシャレなブラインドが目印の風俗店がお勧めです!体験談を見ていってください!

ムッチリとした美味しそうなボディ

ムッチリとした美味しそうなボディ。それが舞子さんの最大の特徴でしょうか。スレンダーであるとかの表現で人気のある女の子もおおいデリヘル業界ですがそんな中にあってもやはり大切なのは女の子としての肉感というものに行きつくのではないでしょうか。柔らかくて温かくてそして気持ち良い。この3つのポイントは絶対に求められ続けているものであると思っています。ですから、そんな3つのポイントをその身体に全て持っている舞子さんの魅力が特に気に入っているのです。しかも、31才という年齢は丁度女としての脂の乗り切った一番良い所に差し掛かっているのです。こんなに魅力的な訳ですから当然、他にも素晴らしい所は沢山あるのです。しかし、それを全て加えたとしても舞子さんの最大の魅力はその身体の感触です。手のひらに吸いついてくるかのような肌質はやっぱり気持ち良さと言う点ではこれにまさるものはありません。こんないい思いはデリヘルでしかできませんね。


積極的なのは駄目

どうも私は積極的な女性とプレイするのは苦手なようで、自分からグイグイ来るような女性には、あまり興奮しません。どちらかといえば、ちょっと嫌がるぐらいの女性に対して、自分から責めるほうが好きです。そのため、デリヘルで女性を選ぶときは、できるだけ大人しそうな女性を選ぶようにしています。ただ、写真にモザイクがある場合は、それを見分けるのも難しいので、雰囲気から選んでいます。しかし、前回利用したデリヘル嬢は、たしかに見た目は大人しそうな子でしたが、意外とグイグイ来るタイプの女性だったようで、ちょっと楽しめませんでした。色々と女性の方からプレイを迫ってきて、さらには女性からアソコをいじってとアピールしてきたのです。男性にとっては女性から迫られるのは嬉しいことかもしれませんが、私はそれが苦手なので、テンションが下がっていくに連れて、股間も下がっていきました。一応最後はなんとか発射まではたどり着きましたが、残念でした。



学費のためにデリで働くRちゃん

先日ちょっとした気分転換にデリヘルを利用しました。来てくれたのはまだあどけなさの残るRちゃん。入ったばかりなのか、それとも最近まで処女だったのか、とにかく奥手でぎこちない雰囲気が残っているものの、一生懸命に尽くしてくれようとする姿勢はとても評価ができるものでした。最後は口の中で出しました。苦そうな嫌そうな表情は一瞬したものの、それでも頑張って笑顔を作ろうとしているところに彼女の良さを感じました。終わった後のトークの中で、なぜこの仕事を選んだのかという話に進みました。彼女はお金に余裕がない家庭環境にありながら、どうしても就きたい仕事があるため無理をして大学に通っているそうです。その学費をねん出するためにはバイトをする必要がありますが、大学生であることから働ける時間も限られ、結果的にこの仕事しか選べなかったそうです。気がつけば彼女の苦労話に共感して聞いている自分がいました。これからも指名する形で応援し続けたいと思います。